体重減少と疾患

体重減少と疾患

ストレスやダイエットのほかにも、著しく体重減少が起きることがあるようです。具合を損ねるなどの理由で、体重減少が発生するということがあるようです。

 

体重減少の原因に、拒食症にかかることがあります。ものを食べて体重が増えることが怖いなどの理由で、食事ができなくなるものです。精神的な理由で食事ができなくなり、カロリーを補給する手段が途絶えてしまえば、健康状態に支障が生じるくらいに体重減少が起きることがあります。

 

痩せるために、下剤を使うという事例も、多くあるといいます。拒食症は体に害があると理解していても体重減少を続けるので、不整脈が原因で突然死をするようなケースもあるようです。糖尿病で、体重減少が起きるという事例もあります。食後、血糖値が上がるのは、人間の体は普通のことです。

 

通常、インシュリンの作用で上がった血糖値は下がりますが、糖尿病になるとこの機能が思うように動かなくなり、血糖値は高いままです。のどが極端に乾いたり、体重減少があることが、糖尿病では挙げられます。うつ病、吸収不良症候群、胃がん、慢性胃炎など、体重減少に結びつく疾患は色々あります。

 

一時的な体調不良でも、体重が減ることがあります。体重減少があったからといって、必ずしも何らかの疾患にかかっているということはできません。原因に心当たりがない体重減少が続いた場合は、まずはしっかりと状況を認識し、自身の体がどんな状況になっているかを確認するところから始めるようにしましょう。