働く人の頭痛 耳鳴り 難聴 めまい改善術

働く人の頭痛 耳鳴り 難聴 めまい改善術

まず、頭痛は我慢してはいけません

 

専門家や、薬と上手に付き合うことが大切です。

 

実は、頭痛を放置しておくと後々は悪化したり大変なことが起こってしまう可能性があるのです。

 

頭痛の種類には、

 

こめかみが脈打つように痛む

 

頭の両側に締め付けられるような痛みが走る

 

などなおおくの頭痛の症状があり、じつに3500万人のかたが頭痛に悩まされているという現状があるのです。

 

頭痛は、日常生活や仕事にも影響する大変な症状です。

 

頭痛と賢くつきあうためには どうしたら良いのでしょうか?

 

実は頭痛の原因というのはいくつもあります。
原因が違うので、痛み方や対処法も違います。

 

一時性頭痛、緊急性を要する2次性頭痛に分かれます。

 

2次性頭痛は本当に危険で、脳腫瘍、くも膜下出血、脳内出血などによります。普段とは異なる頭痛で、手足の麻痺、痺れ、ろれつが回らない、などの症状がありますので、すぐに脳外科、神経内科を受診してください。

 

1次性の頭痛は片麻痺、緊張性頭痛、などがあります。こちらは多くが女性です。

 

片麻痺は840万人、緊張性頭痛は2200万人いるといわれています。

 

緊張性頭痛は首肩の凝りや目の疲れ、ストレスです。

 

頭蓋骨周りの血流が悪くなることで起こるのです。

 

 

片麻痺は血管拡張などでずきずき痛み、4時間も痛むことがあります。

 

片麻痺は30才ころまでに発症します

 

月に1,2回、多いと5回おこります。

 

病気というよりは体質が大きいですね。

 

女性ホルモンが影響しているといわれています。

 

頭痛の対策としては、

 

運動、

 

体を温める

 

アロマでリラックス

 

頭と首の筋肉のストレッチなども有効です。